経験談

 

【センター利用+競技歴】

原 功征

原 功征(スポーツ科学部・4年・彦根東高)

甲子園:17夏(2回戦)、18春(3回戦)

 

Q.いつ早稲田を志望するようになったのか?その理由は?
部活を引退し本格的に受験勉強を始めた際に、早稲田大学のスポーツ科学部に競技歴方式という入試制度があり、勉強だけでなく頑張って続けてきた野球の成績も評価されることを知り受験してみようと思ったのがきっかけでした。また、高校の同級生が二人自分より早く慶応義塾大学に進学することが決まっていたため、大学野球の伝統の一戦である早慶戦の舞台で同じグラウンドでプレーしてみたいと思ったことも大きな要因となり早稲田大学を志望しました。
  

Q.具体的な勉強方法は?

夏になって本格的に受験勉強に取り組むまでは野球が生活の中心であったため、普段は授業についていくために最低限必要なことだけをやっていました。定期テストの勉強もテスト期間に集中して行っているだけだったのですが、学年順位だけはなるべく落とさずにある程度の成績は維持できるように頑張っていました。

受験勉強を通して、何よりも「復習」が大事だと実感しました。復習になるべく時間を割くことで知識がよりしっかり定着し、短期間で成績が上がった大きな要因になりました。この下は文系教科の科目別に少し書きます。

 

英語:

受験勉強のベースになる教科で一番力を入れた教科でした。英語の勉強を始めるにあたって「単語力」はなくてはならない最も大切な要素だと実感しました。空いた時間にはなるべく単語帳を読むようにはしていました。学校で友達とクイズ形式で楽しみながら勉強したのも単語力の向上にとても役立ったように思います。センター試験に関しては、センターの形式に慣れることが一番だと思うので時間がないときは大問別に分けたりしながら工夫して多くの問題に触れることが大切だと思います。
  
国語:
文系だったのですが苦手な科目の一つでした。特に現代文は点数が安定せずなかなか苦労しました。その中でより高い点数を確保するために、答えが明確で、勉強した分きっちり結果が返ってくる古典科目を重点的に勉強しました。古文単語も英語に比べると覚える量は少なく、短期間で着実に点数が上がりやすい科目の一つだと思います。古典常識も単語と同じように知識をつけておくと問題を解く上で役立つことが多いです。
  
日本史:
日本史に関しては暗記することが多い教科ですが、その中でも特に流れを理解することが大切だと思います。一問一答で歴史単語の知識をいくら増やしてもその時代背景を理解していなければなかなか点数に結びつかないと思います。教科書に沿って勉強することが一番ですが、歴史が苦手な人は学習マンガを利用することで理解しやすくなると思います。あとは様々な問題に挑戦して知識の穴埋めをしていけば点数も安定して高得点が取れると思います。
  
  

Q.息抜きの方法は?

長い時間集中して勉強するのが苦手だったため1~2時間ごとに細かく休憩をはさみながら取り組んでいました。そこで、糖分を摂取しつつ、また昼食後はどうしても眠くなるので仮眠もとりつつ意識してメリハリをつけていました。他には、勉強がはかどらないときは運動することで身体をリフレッシュさせる、また短時間であれば合格後の自分を思い描いていろいろインターネットで調べるなどして勉強に対するモチベーションを上げることもいい息抜きになると思います。 
  

Q.早稲田を受験する人へ一言!

早稲田大学野球部は日本一を目標に日々練習しています。より高いレベルの野球を目指して選手一人一人努力しています。早稲田の野球部のイメージとして「プロに行くような選手もいる中で硬式を続けるのは自分じゃ難しいかな…」と思う人もいるかもしれませんが、一般受験で入部した選手も努力すればリーグ戦に出場して活躍できる環境が整っています。早稲田の一般受験を乗り越えるのは大変なことだと思いますが、「早稲田で野球がしたい!」という思いを持って突破してきてください。早稲田の入試を突破することができればきっと早稲田の野球部でも頑張り通せると思います。コロナの影響もあり、高校野球をやり切れず悔しいという思いがあるかもしれませんが、その悔しさをより一層早稲田で野球がしたいというエネルギーに変えて頑張ってください。一人でも多く早稲田で一緒に野球ができるのを心待ちにしています。応援しています!
  

【社会科学部自己推薦】

森田 朝陽

森田 朝陽(社会科学部・3年・高岡商業高)

甲子園:18夏(ベスト16)、19夏(ベスト16)

 

Q.いつ早稲田を志望するようになったのか?その理由は?
私が早稲田を志望するようになったのは、高校3年生の6月に早稲田大学野球部の練習に参加させていただいた時です。通っていた高岡商業高の野球部は早稲田大学野球部の大先輩方から野球を教えていただき発足しました。そういうこともあり、早稲田は憧れでしたが、ご縁があって練習参加させていただいたときに先輩方が必死に練習する姿をみて、私もここで野球をするのだという決意に代わりました。伝統ある早稲田大学野球部のユニホームを着て日本一になるという思いを決めて自己推薦で受験することを決めました。
  

Q.具体的な勉強方法は?

社会科学部の自己推薦入試は一次審査の書類審査と二次審査の小論文、面接です。ここでは、小論文と面接についてお話しさせていただきます。

8月中旬    野球部引退
8月下旬~9月 社会問題について勉強
10月     小論文練習
11月     小論文練習、面接練習
11月末    試験
私はおおまかに、このような日程で勉強しました。社会科学部の自己推薦ですが小論文の比重が高いと考えられます。そのため、私は時間のほとんどを小論文のための学習に費やしました。
小論文は、社会問題が提示されて解決策や意見を問う形式となっています。あらゆる社会問題からの出題が予想されるため、引退してから9月末までは、新聞や社会問題についての本を読み、ポイントをノートにまとめて社会問題の知識をひたすらつけました。社会科の先生に、何度も質問にも行きました。慣れてきたら、自分の意見や、解決策を考えながら学習すると小論文につながると思います。全ての社会問題について理解できたと思ったら、10月から実際に小論文を書く練習を始めました。はじめは、短いものから書き始めます。国語の先生から社会問題でなくてもよいので、簡単なお題をもらいます。調べながらでも、時間がどれだけかかってもよいので自分で書いて、先生に添削をお願いします。回数を重ねるうちに自分の文章の構成パターンができてきます。そうなれば、字数を増やし、時間を測って、お題も出題が予想されそうな社会問題に変えていきます。一日最低一つの小論文を書くと決めて行いました。国語の先生にもしっかりとお願いをして、毎日見てもらうとよいです。小論文の練習が始まっても新聞だけは読んでおくとよいと思います。
面接については、志望理由書と合わせながらなぜ早稲田なのか、なぜ社会科学部なのか、今まで自分は何をしてきたか、自分はここで何をしたいのかということが中心になると思います。HPをよく読んで、社会科学部の学際性などの特徴をよく知ることが大事です。そうすれば自分のしたいことと学部を結び付けて述べることができるようになります。面接は試験の一か月前ほどから練習し、一日一回毎日別の先生とやるのがおすすめです。初めて話す先生や、社会科の先生と練習するとより効果的だと思います。
あくまで、小論文の勉強、練習が優先です。11月は一日、小論文一本と面接一先生を目標に、時間が余れば自分の弱点だと思う方を練習しましょう。これまでやり切ったと思えれば、試験当日自信をもって望むことができます。

Q.息抜きの方法は?

週一回のウエイトトレーニングと、睡眠を正しくとることです。
 

Q.早稲田を受験する人へ一言!

私は受験を決めたのが6月で、実際に動き出したのは高校野球が終わった8月中旬です。多くの方は高校野球が終わってからの動き出しになると思います。ですが、やるべきことを毎日しっかりやれば充分に間に合います。私も初めは焦っていましたが、毎日勉強していると上達していくのが自分でもわかります。そして最後には大きな自信となります。強い気持ちをもって一日一日を積み重ねましょう。自分を信じて頑張ってください。

【スポーツ科学部自己推薦】

文珠 HP

文珠 玄基(スポーツ科学部・2年・桐蔭学園高)

甲子園:19春

 

Q.いつ早稲田を志望するようになったのか?その理由は?

私が早稲田大学を志望するようになったのは、高校一年の進路希望調査の時です。もともと早慶への憧れがあったことや、自分自身が日々行なっているスポーツを科学的に学んでみたいと思ったことなどが理由です。また、早慶戦の伝統ある雰囲気に惹かれ、神宮の晴れ舞台で野球がしてみたいと思い、早稲田を志望するようになりました。

Q.具体的な勉強方法は?

 スポーツ科学部の総合型選抜Ⅲ群では一次試験、二次試験とも得点の内訳が出ていません。そのためどのようなものが高得点になり得るかを考察し、自らがいかに学部にとって有用な人材であるかを証明できるかを考えるところから始めました。例えば2022年度の募集要項には、「総合型選抜Ⅲ群(スポーツ自己推薦入試)では、校で学ぶ教科全般の学と全国会出場レベルの競技能を有し、 スポーツに対する旺盛な熱意を持つと同時に、その体験を通じてスポーツを科学的に探究する能を培うことのできる学を受け入れる。学校が作成する調査書、競技歴調査書(スポーツ活動実績等)、および接をもとに、総合的に評価する。」との記述があります。私の場合、神宮大会に一年次、甲子園に二年次にベンチ入りしたのみで試合への出場はなく、競技歴には自信がありませんでした。そのため、その他の調査書・小論文・面接・研究テーマで挽回することを目指し課題に取り組みました。

基礎学力 :

まず、基礎学力があることを証明する必要がありました。簡単なことは所属高校での評定平均値をあげることと、英語資格を取得することでした。評定平均値を上げることは、日頃の部活との兼ね合いから難しかったため隙間時間を勉強に当てる工夫をしていました。始業前までの時間や昼休み、授業の合間などに予習復習をこなし、テスト前の負担を軽減し、評定平均アップに繋げました。また英語試験に関しては英検2級レベルまで取得しておくと高校3年間で習う英語の範囲をある程度理解していることが証明できます。早めの取得を目指し、高校一年から学習をスタートしました。学習方法としては、授業の合間などに英単語帳を見るなどして語彙力を強化し、高校二年生までに英検2級を取得しました。高校三年生になると最後の夏の大会や、評定平均値の決定する学年末試験で忙しくなること、大学に提出する志望理由書等の執筆で忙しくなることが予想されるので、それまでに英語資格の取得等を終わらせておくと良いと考えられます。

競技歴調査書の作成:

昨年度から競技活動および学業に関する調査書の提出が必須になり、競技歴だけで行われていた選考が変更となりました。これにより競技歴に自信のなかった人でも、アピールできる場所が増えたと言えます。反対に、競技歴に自信がある人でも、しっかりと対策をしなければ受からない試験となったと言えます。そのため、早めに動き出すことが重要になるでしょう。以下が設問ごとの工夫です。

 自身の競技力について、同じ種目に取り組む高校生全体の中でどのような位置付けにあると考えるかおよびその理由について記入してください。

どのような位置付けになるかをより客観的にわかりやすく説明するために数値化することを重視しました。野球が団体競技であることや、個人の技能に点数がつく競技でないため能力値の説明が定性的になりやすく難しかったですが、定量的に証明することを目指し、執筆しました。

 高校入学後の、競技活動に関するこれまでの目標及びそれに向けた努力のプロセスについて記入してください。

PDCAサイクルを参考に、どのような計画を立て、実行し、確認作業を行い、新たに行動したかを書いていきました。また具体例も示しながら、私が目標に向けてどのようなアプローチができるのかを説明しました。

現在の学業への取り組みおよび早稲田大学スポーツ科学部入学後の学習計画について記入してください

学習計画に関しては、フィールドワークなど自分の足で見つけた情報の添付をすることにより、他者との差別化を図りました。例えば、実際に自分のしてみたい研究をしている教授に連絡を取り、研究所に伺って話を聞き、どのような研究ができるのか、それらの面白みなどの内容をインタビューし、文章に盛り込みました。

また、グーグルスカラーなどを中心に先行研究を調べました。自身の行いたい研究がより専門的であればあるほど良いと考えたので論文を多く読みました。100本程度読めばある程度の知識や現状は頭に入ってきます。また論文を読む際には後からどんな研究かを忘れないように、タイトル、要約、課題、なにが得られたかなどを記しておくと便利だったのでおすすめです。

小論文:

小論文を解き始めたのは高校二年の冬です。始めた当初は右も左もわからない状況でしたが、継続的に取り組んでいると徐々に上達していきました。私はスポーツ科学部を受験するにあたり、競技歴で他の出願者より劣っていると感じていたので、小論文には非常に力を入れていました。小論文を解く際は議論の整理、問題発見、論証、結論、吟味の順番で書いていくとまとまるのでおすすめです。詳しい書き方や、どのような内容が望ましいかなどは予備校や参考書等を参照すると良いと思います。スポーツ科学部の小論文は近年600字以上1000文字以内の問題であることが多く、字数もそれなりに多いので得点源になりやすいと推測しました。そのため字数が全てではありませんが試験の1ヶ月前にはスポーツ科学部のどのような過去問を解いても1000字ぴったりに終わるようになるように仕上げていました。それらの私が書いた小論文の添削はAO推薦の専門塾の先生と学校の先生の両方に行ってもらっていました。合計で100本程度解き、本番に挑みました。

過去問などは三年分公式ホームページに掲載されているのでそれは必ずといておくことと、一般入試の小論文にも目を通しておくことはやっておいてほうが良いと思います。過去問が足りなくなったら10年分ほどはネットや図書館などで出てくるので探してみてください。また、早稲田大学社会科学部の問題や他大学のスポーツ科学部の問題などが傾向等似ているので解いてみるといいと思います。さらに、余裕があれば他大学、他学部の問題を解いておくと一般入試で出題されるような奇を衒った問題が出題されても対応できると思うのでおすすめです。

面接:

学部のディプロマポリシー、カリキュラムポリシー、アドミッションポリシー等を確認しました。また本番前には、競技歴調査書等で書いた部活動への取り組み、研究テーマなどを確認しました。落ち着いて受けこたえができるように何回も練習し、動画などを撮影しながら印象はどうか確認しながら練習していました。面接で実際に聞かれたのは

・スポーツ科学部を誰かにおすすめする時になんというか
・なぜスポーツ科学部を志望したのか
・なぜ早稲田なのか
・コロナウイルスがスポーツにもたらした良い点は
・学業とスポーツの両立について

以上の5点です。圧迫面接の雰囲気もなかったのでリラックスして望めました。

おすすめの本:

おすすめの本として、スポーツ科学部の教科書「教養としてのスポーツ科学」がおすすめです。学部がどのような教育をしているのか大まかに知ることができたので非常に参考になりました。

Q.息抜きの方法は?

素振り、15分程度の仮眠、適量のカフェイン摂取がおすすめです。

 Q.早稲田を受験する人へ一言!

早稲田大学野球部はアマチュア野球界を牽引してきた歴史と伝統のある組織です。受験をするにあたり、さまざまな不安があると思いますが、それらを跳ね除けて合格を掴み取ってほしいと思います。安部球場でお待ちしております。

 

【指定校推薦】

中村 将希

中村 将希(教育学部・3年・鳥栖高)

 

Q.いつ早稲田を志望するようになったのか?その理由は?

私は指定校推薦で早稲田大学へ入学させていただきました。元々中学生の頃から東京六大学に興味を持っており、その中でも一番と言っていいほどの知名度を誇るこの「早稲田大学」には強い憧れを抱いていました。早稲田大学に入学したい、早稲田大学で野球をしたい、そんな想いを持っていたのですが、実際自分の学力は一般合格には程遠く早稲田大学は雲の上の存在でした。そんなとき自分が目指したのは指定校推薦というものです。この指定校推薦というのは高校からの学校推薦という形で希望した生徒の中から相応しいものを選考し推薦するというものです。指定校推薦は学校によって有無や枠数が変わってきます。指定校推薦には評定平均と呼ばれる、学校の成績が大きく関わります。自分は指定校推薦というものを高校1年生のときに先生から教えてもらい、そこから意識して定期テストに臨むようにしました。高校野球ももちろんやっていたので、テスト勉強はものすごくハードで時間が限られていたのですが、ここで頑張って結果を出せば「早稲田大学」に入学できると思うと自然とやってやろうという気になりました。また、5月に早稲田実業と練習試合をしてより一層早稲田大学に行きたいと思う機会になったと思います。

Q.具体的な勉強方法は?

指定校推薦までの流れを説明すると8月頃に自分の高校に来ている全大学の指定校推薦の枠が発表されます。そこから希望する人は志願書を学校に提出し、教師の中で何度も選考会議が行われます。9月頃に選考結果が担任から伝えられ、10月頃に早稲田大学内のキャンパスで受験という形になります。そのあと、12月上旬に合格発表といった形になります。12月に合格が決まったのですが、1月のセンター試験は受験しました。

Q.決まってからは何をしていたのか?

指定校推薦でのメリットは一般受験の人より受験・合格が早く、合格後に自分の時間ができることです。私は合格が決まった後にしたことが3つあります。1つ目は野球の練習です。大学で野球をしたいと考えていたので朝早く学校に行き朝練をし、学校が終わると後輩たちと一緒に練習しました。帰ってからは素振りをして大学野球にいち早く慣れることができるように準備をしていました。2つ目は英語の勉強です。元々英語が苦手だったということもあり、大学で学習に後れをとらないようにひたすら英語を勉強しました。学校に行くとみんな受験モードで勉強しているので、自分も一緒に英語を勉強していました。3つ目は読書です。空き時間や暇な時間が多くできていたのでその時間は読書にあてるようにしていました。読書をすることで知識も増えるし、集中力も養われるので野球につながると考えて行っていました。

Q.早稲田を受験する人へ一言!

私は指定校推薦という形で「早稲田大学」に入学させていただいたのですが、その他にも自己推薦やAO推薦、一般受験など多くの入学方法があります。まずは、どのような受験方法があるのか調べて確認することが大切だと思います。早稲田大学への入学というのは容易いことではないと思いますが、夢や目標があればどれだけでも頑張れると思います。いつでもやるかやらないかは自分次第です。自分なら絶対できるという気持ちを持って頑張ってください。

 

【一般現役】

柴垣 HP柴垣 敬太朗(法学部・3年・三国丘高)

 

Q.いつ早稲田を志望するようになったのか?その理由は?

私が早稲田を志望するようになったのは、高校2年の夏です。私の出身高校が国公立大を目指す生徒の多い環境だったので、当初は私自身も国公立大を目指そうと考えていました。しかし、家族や親戚、その他お世話になった方々の話を聞いていると、次第に早稲田大学で野球をすることに強い憧れを抱くようになりました。強い憧れを抱くと同時に、今までの自分では到底経験できなかったこと、成し得なかったことに挑戦するチャンスを得られると考え、是が非でも早稲田大学に入学しようと猛勉強しました。

Q.具体的な勉強方法は?

英語:

まず、単語に関しては、どこでも聞くことだとは思いますが、隙間時間にコツコツと継続して最後までやりきることが最重要です。その上で、特に私が意識したのが、イメージを掴むことです。速読力をあげるためには英語→日本語で暗記するのではなく、イメージを掴めると楽になると意識して単語帳を見ることが大事です。実際すべてイメージで覚えることは不可能ですが、意識することが大切です。

次に、長文に関しては、高校の先生から教えていただいたことですが、1普通に問題を解く、2日本語訳を読んで理解する、3内容を理解したうえで声に出して速読する、4再度速読をする。3、4あたりを自分の納得できる速さまで繰り返します。個人的には長文一つにしっかり時間をかけることが肝要だと思います。

国語:

現代文は、文の構造を疎かにしないことが重要になります。学校や予備校などの授業内で教わる細かいポイントも聞き逃しがちですが、終わってみてノートを見てみると大事なことが書かれているなと思いました。問題を解いた後の振り返りも重要です。個人的な印象ですが、現代文は問題集等の問題が比較的少ない印象なので一つ一つの振り返りが大事だと思います。

古典で私が一番大切だと思うのは、授業です。高1の時から予習をして授業に取り組んだので、入試の段階では背景や意味がなんとなく分かるという状態になりました。覚えることはそれほど多くないので、教科書に載っている基礎的事項を頭にとどめることが重要だと思います。受験期の終盤で助けになってくれるのはこのような知識だと信じています。

日本史:

日本史はストーリーで覚えるのが大事です。そのために漫画を活用したり、特に自分は大河ドラマを活用してみたりしました。大河ドラマに関しては、おもしろいなと思ってみていたので、勉強のためという感じではなかったですが、ドラマが好きな人には良いと思います。そして、忘れるものなので、忘れたときに何とかして思い出せるようにと考えて暗記することも必須だと思います。この工夫が合否の小さな差だと信じています。

 

Q.息抜きの方法は?

友人や家族と他愛もない話をすることが一番の息抜きになったかなと思います。

Q.早稲田を受験する人へ一言!

私個人の意見として、心にとどめておいてほしいのが、目標は合格ではないということです。受験勉強を頑張れたのは、「早稲田で野球がやりたい。」、「早稲田でしか得られないものを得たい」という合格の先の目標があったからだと思います。それに加え、お世話になった方々を裏切れない、喜んでもらいたい、などの気持ちがいいプレッシャーになりました。受験に近づいたときには受験をしている自分ではなく、合格して次に向かっている自分をイメージするとモチベーションを保ち続けられます。志を高く持って、強い気持ちで臨んでください。固い決意を持った後輩の入部を心待ちにしています。

 

【一般一浪】

小野-2

小野 時央(スポーツ科学部・3年・広陵高)

 

Q.いつ早稲田を志望するようになったのか?その理由は?

私が早稲田大学を目指し始めたのは中学生の時です。神宮球場で行われる早慶戦を見て、早稲田大学に憧れを抱きました。しかし、高校3年生の進路を決める際に、野球の実力でも学力でも早稲田大学に行けるような力は全く持っていませんでした。早稲田大学以外の大学に現役で進学することも考えましたが、どうしても早稲田大学野球部で野球をし、神宮球場でプレーをしたいという思いがあったので、勉強して入学しようと決めました。私は高校3年の夏までしっかりと勉強したことはありませんでした。そのため、まずしっかりと量をこなすことを意識しました。

 

Q.具体的な勉強方法は?

英語:

何よりも大切なことは声に出して読むことだと感じています。加えて、単語帳で単語をひたすら覚え、同時並行で文法の復習にも取り組みました。

国語:

始めに、日本語をしっかりと理解することから始めました。そのために、私はまず新聞を読み込んでいました。授業などで読解法などを学ぶと思います。しかし、日本語の意味を理解できていなければ読解法を使ったところで意味がないと思ったので、まず日本語の理解に重点を置きました。新聞などを読み込んでおくと、本番のテストで同じような文章が出てくる事がたまにあるので、新聞を読むことをお勧めします。

日本史:

日本史では教科書を読むことに多くの時間を使いました。予備校の先生から教科書をひたすら読んでいたら絶対に点数を取れると言われていたので、日本史に関してはその通りに取り組んでいました。教科書を読みこんだのちに、自分の志望校の傾向に合わせて勉強することが大切だと思います。

 

Q.息抜きの方法は?

私は特に浪人生の中では息抜きをよく取っていた方だと思います。しかし、その息抜き以外の時間はずっと勉強をしていました。オンとオフの切り替えが出来るのであれば息抜きをとることも大切だと思います。

Q.早稲田を受験する人へ一言!

私は一般一浪で早稲田大学スポーツ科学部に合格しました。早稲田大学に入って絶対に野球をして活躍してやるんだという気持ちがあれば絶対に合格することができると思います。強い気持ちで頑張ってください。

 

 
 
受験方法など、詳しくは早稲田大学入学センターホームページをご覧ください。
 

このページのトップへ戻る