経験談

池田-150x150
【一般一浪】
池田 賢将(スポーツ科学部・3年・高岡南高校)

Q. いつ早稲田を志望するようになったのか?その理由は?
父が早稲田大学野球部OBで幼いころから何となく行きたいなと思っていたのですが、本気で考え始めたのは中学2年生の時に甲子園球場で行われたオール早慶戦を見に行ってからです。斎藤佑樹(H22年度・教育卒)さんが三者連続三振を取った時に刺激を受け、自分も同じユニフォームを着て野球がしたいと思いました。

Q. 具体的な勉強方法は?
英語:
現役の時に分からないまま難しい教材や赤本に取り組み始め結局理解することなく終わってしまったので、浪人時代は基礎の基礎からやり直しました。単語は自分に合った単語帳を一冊に決め、それを何度も繰り返しました。(10周以上はしたと思います。)あとは速読です。早稲田の英語は長文の難易度が高いので、日ごろから長文に触れしっかりと文の構造を理解して精読する癖をつけました。そして文構造を理解した文章を繰り返し音読しました。そうすると自然と速読能力が上がっていきました。過去問は一通りやりましたが、問題の傾向と時間配分をつかむ程度でそこまでこだわる必要はないと思います。
国語:
問題の数をこなす以外に読書をたくさんしました。難しい哲学書は読む力もつきますし、哲学の文章はちらほら問題になるのですごくためになります。知らない用語は常に辞書で調べるようにして語彙力を増やしました。
日本史:
とにかく気合いで暗記しました。強いて言うならただ単に覚えるだけでなく、流れをつかむようにと口酸っぱく言われていたので自分で年表を作ったりしていました。歴史のテレビ番組や大河ドラマも好きで見ていましたが、面白い背景などを知れたりするので記憶に残りやすかったです。

Q. 息抜きの方法は?
YouTubeで早慶戦の動画を見たり、神宮に立つ自分を想像しながら素振りをしたりしていました。

Q. 早稲田を受験する人へ一言!
とにかく最後まで諦めずにやり切ってください!モチベーションが下がったりする時はもちろんあります。しかし早稲田に入学してからは今までの人生で経験したことがないくらい充実しているので、皆さんも合格を勝ち取ってください。応援しています。 

鈴木太郎 経験談
【一般現役(センター利用・競技歴方式)】
鈴木 太郎(スポーツ科学部・2年・静岡高校)

Q. いつ早稲田を志望するようになったのか?その理由は?
高校野球をしている間、勉強に対して一切力を注いでいなかったので志望校を考え始めたのは引退直後でした。始めのうちは自分の学力のことを考えると早稲田は無理だろうと考えていたため志望校にはしませんでしたが、東京六大学の中で早慶戦ができるのは早稲田と慶應しかないということを考えるとリスクを背負ってでも目指すべき場所だと思い、早稲田一本で受験することに決めました。

Q. 具体的な勉強方法は?
英語:
   まずは単語をひたすら覚えました。何冊もの単語帳に手を出すよりも一つの単語帳をやりこんだ方が効率がいいと思います。単語を覚えたら問題演習を続けていました。自分の場合はセンター試験にかけていたのでセンターの過去問を15年分くらい、予備校の予想問題を7~8回×3種類、計30年分近くやりました。その中で分からなかった単語、熟語、構文などをノートにまとめ、「復習ノート」を作り定期的に復習していました。まずは基礎を固め、問題演習で時間配分と傾向をつかみ、わからなかった問題をつぶしていくという方法で勉強していました。
国語:
   古文に関しては重要単語をすべて覚え、助動詞の活用と意味を暗記しました。古文は主語が分かりずらいため誰が何をしているのかを理解しながら読み進めることが大切だと思います。漢文は重要な句法と単語をひたすら暗記しました。現代文に関しては自分は最後まで苦手だったのでアドバイスになるか分かりませんが、問題で分からなかったところがあれば先生に聞いてきちんと分かるまで説明してもらえば論理的に読むということが身についていくのではないかと思います。
世界史:
    世界史に関してはどれだけ知識があるかが勝負なので自分の場合は単語帳を何週もしました。単語帳自体がある程度年代順になっているので単語帳をやることで流れをつかんでいくことができました。単語帳はずっと継続してやっていましたが、受験1か月くらい前になって、同じ時代に地域ごとでどのような出来事が起こっているのかという横のつながりをおさえるために年号を語呂合わせで覚えました。そして冬休みはセンター試験の過去問をできるだけやりこみました。センター試験は同じような問題がよく出るのでセンター試験を受けるという人は分からなかった問題をつぶしていくようにしていけば高得点が狙えるのではないかと思います。

Q. 息抜きの方法は?
とにかく時間がなかったので特に息抜きはしていませんでした。強いて言えば甘いものを食べたり睡眠をとったりすることです。太るのであまりお勧めしません。

Q. 早稲田を受験する人へ一言!
自分はそんなにたくさん受けてはいませんが、模試の結果はE判定しか見たことがありませんでした。高校野球を終えて勉強を始める人は本当に時間がありません。どんなに結果が悪くても、後悔することになるので「諦め時期」を一度も作ってはいけません。いかに効率的に、身になる勉強をするかが大切です。生活リズムだけは崩さずに、体調に気を付けて頑張ってください!
このページのトップへ戻る